スペインサッカー、美学と不条理BACK NUMBER

今季のリーガで一番話題のチーム!?
変人ビエルサ率いるビルバオの革命。 

text by

工藤拓

工藤拓Taku Kudo

PROFILE

photograph byAP/AFLO

posted2011/10/05 10:30

今季のリーガで一番話題のチーム!?変人ビエルサ率いるビルバオの革命。<Number Web> photograph by AP/AFLO

南アフリカW杯では攻撃的な3-4-3で王者スペインを苦しめるなど、チリ代表を躍進させたビエルサ。日本代表監督の候補としても名前が挙がっていた

アウェーのバスクダービーで待望のリーガ初白星!!

 10月2日、アノエタで行われたレアル・ソシエダとのバスクダービー。ビルバオはようやく今季のリーガ初勝利を手にした。

 直前のELパリ・サンジェルマン戦でシステムを4-3-3に戻したビエルサは、ハビ・マルティネスをセンターバック、グルペギを中盤の底に移す変更点はあったものの、この試合でも4-3-3を継続。ダービーらしい激しい潰し合いの中で意図する攻撃の形はほとんど見られなかったが、勝負強さを発揮したエースのジョレンテが2得点を挙げ、2-1と競り勝った。

 溜まっていた疲労がどっと出たのだろうか。試合後ビエルサは「終わりなき数々の理由から、我々は今日得たような幸運と勝利を必要としていた」と、まるで隠居した老人が孫に語りかけるかのような静かな口調で語っていた。

 中盤にスペースがある状況ならダイナミックな攻撃を仕掛けられるが、まだ高い位置からプレッシャーをかけられると攻撃が組み立てられなくなる。未解決の課題は多いが、公式戦6試合ぶりのゴールを決めたジョレンテに復調の兆しが見えてきたことで、今後はチャンスの数に対する得点数の低さという問題は改善されてくるはずだ。

 新生ビルバオのチーム作りはまだはじまったばかりだ。今後アンデルが復帰した際、中央でも良さを生かせることが分かったムニアインをウイングに戻すのかどうか。2列目からの飛び出しという特徴がMF起用で生きたデマルコスを左SBに戻すのかどうか。4-3-3と3-4-3の使い分けも含め、今後もビエルサの試行錯誤は続いていく。そして「変人」の一挙手一投足に人々の視線が注がれる日々も、もうしばらくは続きそうだ。

関連記事

BACK 1 2 3
アスレティック・ビルバオ
マルセロ・ビエルサ
ミケル・サン・ホセ
アンデル・エレーラ
ハビエル・マルティネス
アンデル・イトゥラスペ
アンドニ・イラオラ
オスカル・デマルコス
カルロス・グルペギ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ