自転車ツーキニストのTOKYOルート24BACK NUMBER

台風一過の“多摩サイ”を下る。
河川敷の自転車道は戦争状態!? 

text by

疋田智

疋田智Satoshi Hikita

PROFILE

photograph bySatoshi Hikita

posted2011/10/01 08:00

台風一過の“多摩サイ”を下る。河川敷の自転車道は戦争状態!?<Number Web> photograph by Satoshi Hikita

多摩川の河川敷はどこまでも長く、広々しているのだが……意外や自転車乗りにとっては受難の道であった

多摩川の中に「島」発見!!

 このまま豪雨になる予感もあるんだが、時折、陽の光が覗く時もある。雲の合間から、まるで「キリスト降臨」の宗教画のような光線が多摩川に射したりする。

兵庫島へと渡る橋と「友好河川記念碑」。この島の周りは、子供たちが水辺で遊ぶにはうってつけの河原でもあります

 その光線の先に、あれ? あれれ? 島がある。

 多摩川にそんなところあったっけ?

 おまけに島の中は公園となっている。近くの看板を見ると、おお、島の名は「兵庫島」というそうだ。多摩川八景の1つに数えられていて、岸からは橋が架かっている。

 で、当然のように渡ってみるわけだ。

 別に何があるというわけじゃないが(公園トイレと遊歩道があるだけだ)島の中ほどになんだか膝を抱えてうずくまる少女(?)の石像がある。その題字として、こんな文言が刻まれている。

「多摩川ドナウ川友好河川記念碑」

 はー、そんなものもあるんだ。これはちょっと発見だった。姉妹都市とか、友好都市とか、そういう感じで、川と川が友好関係を結ぶこともあるんだ。

 元はといえば「東京都・世田谷区」と「ウィーン市・ドゥブリング区」が姉妹都市であることから、日本初の「友好河川提携」が結ばれたのだそうだ。知らなかったな。

 川から南を見ると、目の前に東急田園都市線の橋が架かっている。二子玉川駅のホームは、半分程度この橋の上にある。

玉堤通りから一変……「ニコタマ」は驚愕の駅前開発進行中!

 ふーむ、ここは二子玉川。

 お洒落で、ハイソで、実際に住み心地もいい(といわれる)通称「ニコタマ」である。ふーむ、そのニコタマ、玉堤通り沿いの風景とは逆に、ずいぶんと変わったなぁ。

広くて整備された道、立ち並ぶ超高層マンション……渋滞も無いようです

 以前と変わらないのは高島屋のショッピングセンター、そして、ドイツ料理屋「つばめグリル」くらいだ。ちょっと言い過ぎか。

 でも、こうして現実に超高層ビルが建ち、巨大バスターミナルができ、賑やかになった街を見ていると、何だかんだ言って、東京だけはまだイケてるのかなぁと思う。これが地方都市だと、ホントにもう駅前一等地からして、シャッターがおり、老朽化ビルが建ち並ぶ、文字通りの「不景気な街」となってるところが多いから。

 あ、ジャイアントの新店もあるんだ。ピンクのロードバイクをショーウインドウに展示したりして、店構えがちょっとフェミニンな感じ。

【次ページ】 突然の豪雨に備えて川から離れ、一路「246」へ。

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

他競技の前後のコラム

ページトップ