SCORE CARDBACK NUMBER

問題児バロテッリは
塀の中では人気者。
~イタリア代表の刑務所慰問~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAFLO

posted2011/09/27 06:00

問題児バロテッリは塀の中では人気者。~イタリア代表の刑務所慰問~<Number Web> photograph by AFLO

バロテッリの両親はガーナ系の移民。その爆発的な運動能力はアフリカ系ならではだろう

 サッカー選手の社会活動は、欧州では一般的なものとして認知されている。クラブはシーズンに何度か活動を企画し、学校訪問で子供たちとボールを蹴ったり、クリスマスに病院を訪れプレゼントを渡すなど、様々な形で一般市民と接する機会を設けている。

 この程、マンチェスター・シティのイタリア代表FWマリオ・バロテッリが、フィレンツェのソッリッチャーノ刑務所を訪問したことが話題となった。

 これはイタリアサッカー協会が企画した社会活動のひとつ。彼は代表監督のチェーザレ・プランデッリ、GKのジャンルイジ・ブッフォンと共に参加したが、刑務所の受刑者たちの注目は、バロテッリひとりに集中した。プランデッリやブッフォンにはほとんど目もくれず、バロテッリが姿を見せると所内は沸き、サインや写真を求め大騒ぎに。受刑者の中には、勢い余ってスタジアムでのコールを始める者もおり、一時は刑務所の警備員が出てきて騒ぎを収める場面もあった。この意外なバロテッリ人気には協会関係者も驚くほどだった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

マリオ・バロテッリ
マンチェスター・シティ
チェーザレ・プランデッリ
ジャンルイジ・ブッフォン

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ