NumberEYESBACK NUMBER

ジョコビッチは全米で
“1強”時代を築けるか。
~不振のナダルとライバルたち~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2011/09/06 06:00

ジョコビッチは全米で“1強”時代を築けるか。~不振のナダルとライバルたち~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

ウィンブルドン初優勝のジョコビッチ(左)。全米での初戴冠も狙う

 長く追い求めていたものを手にした瞬間、ホッとしてスローダウンしてしまう選手は少なくない。しかし、7月に初めて世界ランク1位になったノバク・ジョコビッチには心配は無用だろう。この全米でも、優勝争いの先頭に立つのはこの新王者だ。

 ウィンブルドン初優勝の余韻を楽しんだのも束の間、8月のモントリオール大会でツアーに戻ると、いきなり優勝。シンシナティ大会ではアンディ・マリーとの決勝を途中棄権したが、これが今季わずか2つめの黒星。57勝2敗の勝率は驚異的だ。

 モントリオールの決勝でジョコビッチに敗れたマーディ・フィッシュは、相手の強さをこう分析した。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

ノバク・ジョコビッチ
ロジャー・フェデラー
ラファエル・ナダル

テニスの前後のコラム

ページトップ