SCORE CARDBACK NUMBER

伊達抜きでフェド杯勝利。
村上監督が貫いた信念。
~理想の女子テニス代表を求めて~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byMannys Photography

posted2011/08/06 08:00

伊達抜きでフェド杯勝利。村上監督が貫いた信念。~理想の女子テニス代表を求めて~<Number Web> photograph by Mannys Photography

昇格を決め、選手と喜ぶ村上監督(右から3人目)。来年は2部でスロベニアと対戦する

 フェドカップ日本代表がワールドグループ2部入れ替え戦でアルゼンチンを破り、3年ぶりの同グループ昇格を決めた。アルゼンチンは自己最高26位のヒセラ・ドゥルコが自身の結婚式で代表入りせず、ベストにはほど遠い布陣。一方、日本にはエースの森田あゆみにウィンブルドン3回戦進出の土居美咲もいた。ただ、国別対抗戦では何が起きても不思議ではない。勝利を収めた日本の村上武資監督は「このチャンスを逃したら100%自分の責任。死んでも勝ちたいと思っていた」と胸の内を明かした。

 ナーバスになっていた一つの要因は、チームにクルム伊達公子の姿がなかったことだろう。敗れていたら、なぜ伊達を使わなかったとブーイングが起きたに違いない。それで傷つくのは選手。だから村上は「死んでも勝ちたかった」のだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

森田あゆみ
土居美咲
村上武資
クルム伊達公子

テニスの前後のコラム

ページトップ