プレミアリーグの時間BACK NUMBER

リーグでもCLでも絶好調のルーニー。
故障が酷いとマンUもW杯も万事休す!? 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byAction Images/AFLO

posted2010/03/10 10:30

リーグでもCLでも絶好調のルーニー。故障が酷いとマンUもW杯も万事休す!?<Number Web> photograph by Action Images/AFLO

2月28日、カーリングカップ決勝のアストンビラ戦で、ルーニーは決勝ゴールを叩き込み、2-1でチームを優勝に導いた

「生涯最高の出来」のルーニーがW杯の主役に。

 イングランドのメディアは、今季のルーニーを“Form of his life(生涯最高の出来)”と讃えている。安易に使われ過ぎるこのフレーズも、今回に限ってはまさしく的を射た表現だ。

 反面、ルーニー欠場という事態に対する不安もかつてないほどに大きい。実際3月に入って持病である膝の故障が不安視されているのも事実だ。マンUが狙う前人未到のプレミア4連覇と、イングランドが狙う44年ぶりのW杯優勝の夢は、一大得点源に化けたルーニーを失った瞬間に消滅すると言ってもよい。

 4年前の夏、W杯開幕の直前に怪我から復帰したルーニーが、冗談交じりに代表チームメイトたちに送った“Big Man is back(主役が戻ってきたぜ)”という携帯メールは、一部で自信過剰と非難された。しかし、この夏のルーニーが、「主役はここにいるぜ」と口にしたとしても、異論を唱える国民は一人もいないだろう。現在のルーニーは、ストライカーとしての才能を持つオールラウンダーではなく、オールラウンドな能力を備えた絶対的なセンターフォワードなのだから。

関連記事

BACK 1 2 3
ウェイン・ルーニー
マンチェスター・ユナイテッド
南アフリカW杯

海外サッカーの前後の記事

ページトップ