MLB Column from USABACK NUMBER

ポストシーズン本命のヤンキース、
いまだ抱える3つの不安材料。 

text by

李啓充

李啓充Kaechoong Lee

PROFILE

photograph byKYODO

posted2009/09/27 08:00

ポストシーズン本命のヤンキース、いまだ抱える3つの不安材料。<Number Web> photograph by KYODO

入団7年目の松井秀喜は初のチャンピオンリングを手にすることができるのだろうか。

10月に一番強いチームはいったいどこなのか?

 一方、エンゼルスは、ここ8年間、ポストシーズンも含めて34勝47敗と大きく負け越している最大の「苦手チーム」であるだけに、ワールドシリーズ進出は容易ではない。

 以上、「本命」ヤンキースが抱える不安材料について論じたが、最近10年間、レギュラーシーズンで最高勝率を記録したチームがワールドシリーズをも制した例は、2007年のレッドソックス1チームだけという事実が示すように、レギュラーシーズンで一番強かったからといって、ポストシーズンにも勝てるという保証は何もない。

 ワールドシリーズを制するのは、「4-9月の6カ月で一番強かったチームではなく、10月に一番強いチーム」なのだから。

関連記事

BACK 1 2
AJ・バーネット
アレックス・ロドリゲス
CC・サバシア
ジョバ・チェンバレン
アンディ・ペティット
松井秀喜
ニューヨーク・ヤンキース

MLBの前後の記事

ページトップ