北京五輪的日報BACK NUMBER

塚田真希の涙。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2008/08/16 00:00

塚田真希の涙。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

 「イッポン!」

 塚田はうずくまったまま動けなかった。

 試合を終えて、塚田は引き上げてきた。記者たちを見るとこう言った。

 「お疲れ様です」

 試合についてはこう語った。

 「中国の選手と全力でやろう、ただそれだけを考えてやってきました。あまり後悔という言葉はないです。全力を出し切りたいと思っていて、出し切れました。だからこの結果は実力です」

 大粒の涙をしきりにタオルでぬぐいながら、塚田は敗北を毅然と受け止め、質問になんとか答えようと言葉を絞り出す。

 それは、取材陣、周囲のスタッフ、あるいは応援してくれる人々、誰に対しても常に笑顔で誠実に接する塚田らしかった。その人柄と、勝負への潔さ、精進の様が、塚田が誰にも愛されてきたところだった。

 手も足も出なかった格上の相手に、必死に対策を考え練習を重ねてきた。それは試合のほとんどの時間、成功していた。

 最後の最後だけ、踏ん張れなかった。それが実力の違いということなのかもしれない。

 でも。

 勝たせてやりたかった。

関連記事

BACK 1 2
塚田真希
トウ・ブン
北京五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後の記事

ページトップ