野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

毎年恒例の交流戦「ライバル宣言」。
今年の「勝者」と「敗者」を総括する。 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/06/20 12:55

毎年恒例の交流戦「ライバル宣言」。今年の「勝者」と「敗者」を総括する。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

昨年、初めて一軍登録となった山田大樹。昨季は育成選手としてはパ・リーグで初となる勝利を飾ったが4勝どまりだった。今季交流戦終了後の時点ですでに6勝をあげている

カッコいいライバル宣言をしたのは誰でしょう?

 律儀といえば「ファンの方々に喜んでもらえる」と各球団の4番打者にライバル宣言した藤川球児は対4番成績4打数無安打2三振とさすがの貫録。藤川同様カッコよかったのは、楽天・田中で、小学校時代にバッテリーを組んでいた巨人坂本に対し「理由は必要ないと思います」と男は黙ってライバル宣言も、対戦はなく来年に持ち越し。同じ坂本でも「嫁が好きだから サイン下さい」と軽くライバル宣言したオリックス金子千尋は、4タコ2三振と完璧に封じ込めたが、多分サインは貰えなかったと推測される。あと、「稲葉ジャンプが見たい」と指名する横浜真田、杉原、ヤクルト渡邊、阪神加藤康介はどうなんだろう。どう考えてもピンチを迎えてるわけだし。

横浜・山口の「ドスコイボール」って何?

 セ・リーグにいないアンダースローのロッテ渡辺俊介は今年も指名が集中するも、なかには「打てているから」と指名してきっちり安打する巨人紺田のような選手も。その俊介を「一番の友達」と指名する横浜橋本の現状を鑑み胸を締め付けられつつも、森本稀哲が「一人しかいないアンダースローだから」なんて俊介を指名したら西武の牧田が怒るだろうと思うのだが、そんなひちょりに「日ハム時代、紅白戦でも対戦したことがないので勝負したい」と挑んで決勝ホームランを献上した援護なき武田勝は交流戦防御率1.03ながらも2勝2敗。ライバル宣言でもダルビッシュ、斎藤佑樹など人気投手が揃っているチームにいるため、宣言を受けたのは横浜武山からのみと、あれだけの投手なのにここでも日の目を見ない。見られなかったのは、広島東出が「草野球で投手をしているので、あのカーブに憧れます」と指名した岸のカーブも同じなのだが、それよりもソフトバンク川崎が「打ちたい!」と要求する横浜山口の「ドスコイボール」ってやつを見てみたい……。

 と、まぁいちいち気になってしょうがないが、取り上げ出したらキリがないライバル宣言。

 今年だけではなく、昨年、一昨年と遡って行けばもっと深いものになるので、ヒマな人は結果と併せて選手会HPをご覧になってみては如何か。

関連記事

BACK 1 2 3 4
前田健太
山田大樹
寺原隼人
山本省吾
内川聖一
渡辺俊介
松山竜平

プロ野球の前後の記事

ページトップ