NumberEYESBACK NUMBER

ACLベスト8進出の
セレッソが挑む茨の道。
~日本勢唯一の勝ち残りとして~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byAFLO

posted2011/06/14 06:00

ACLベスト8進出のセレッソが挑む茨の道。~日本勢唯一の勝ち残りとして~<Number Web> photograph by AFLO

ACL初出場ながら、国内の期待を一身に受ける立場となった

 やはりAFCチャンピオンズリーグ(以下、ACL)のラウンド16は、日本勢にとって鬼門と言わざるをえない。とりわけ、鹿島、G大阪にとっては、だ。

 ACLが現行の大会方式になって、今年で3年目。前記2クラブはともに3年連続でラウンド16、すなわち、決勝トーナメント1回戦で敗れている。今年はさらに名古屋も加わり、3クラブがラウンド16で敗退する相性の悪さである。

 その結果、日本勢3年ぶりのアジア制覇の可能性は、唯一勝ち残ったC大阪に託されることになった。

 ACLは、広大なアジア全域においてホームアンドアウェー(決勝とラウンド16のみ一発勝負)で行なわれる過酷な大会である。加えて、Jリーグも並行してこなさなければならないのだから、ACL初出場の、しかも昨年J1に昇格したばかりのクラブが、ベスト8までたどり着いたことは称賛に値する。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 977文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

名将に学ぶ。~チームを変革する新時代リーダー論~
セレッソ大阪

Jリーグの前後の記事

ページトップ