Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

<欧州を震撼させたニッポン人> 川島永嗣 「大量失点でMVPの理由」 

text by

中田徹

中田徹Toru Nakata

PROFILE

photograph byAFLO

posted2011/05/31 06:01

<欧州を震撼させたニッポン人> 川島永嗣 「大量失点でMVPの理由」<Number Web> photograph by AFLO

「サポーターからの絶対的な信頼」を勝ちとるまで。

「我々にはクヨビッチという、昨季の2部リーグ優勝に貢献し、絶対的な信頼を寄せていたGKがいた。実力は川島よりクヨビッチが上と見ていたから、『川島がゴールを守るのは、きっと商業的な理由だろう』と思っていた。負け続けていたから、チームにとっても川島にとっても難しい時期だった」

 それでも、どんなに点差を広げられても諦めずにビッグセーブを連発する川島に対し、徐々にサポーターたちも「これはいいキーパーだ」と気付きだした。

 10月、川島は足の筋肉を痛め4試合欠場した。その間、クヨビッチがゴールを守ったが、11月に入って負傷が癒えた川島は当然のようにレギュラーポジションを取り戻していた。

「この時期にはすでにステータスは川島の方が上になっていたから、サポーターも川島の出場を当たり前と思っていた」

 川島も、「サポーターからの絶対的な信頼を感じたのは、けがから復帰したころ」と話してくれたことがある。川島とサポーターが相思相愛になった秋だった。

震災直後、リールセのスタンドには8000枚の日の丸が翻った。

 3月11日、東日本大震災が起こった。数日後、チーム関係者からノエルに電話があった。

「川島の気持ちが完全にダウンしてしまった。何とかしてやって欲しい」

 観客席を日の丸で埋めよう――そう思い立ったノエルはスポンサーをすぐに探し、試合当日のスタンドには8000枚の日の丸が翻った。

「たった3日間ですべてをやったよ。これは川島へのリスペクトの表れでもあったが、純粋に“人”としてしたことだった。人の命はフットボールよりも貴いものだからね」

 この試合はリーグ最終戦のクラブ・ブルージュ戦だったが、川島は安定したプレイでチームを0-0の引き分けに導いた。

「奇跡だった。この瞬間、今季初めてリールセは14位に浮上し、降格を免れたのだから」

 W杯で日本のヒーローとなった川島を、リールセのサポーターはまだ無名のGKとして見ていた。

「川島には来季もリールセに残って欲しいけど、きっとプレミアに行くだろう。川島はこれからキャリアを築いていく選手。5年後にはきっとすごく有名なGKになっているだろう。その時我々は言うんだ。『川島のキャリアの始まりはリールセだったんだ』と」

川島永嗣(かわしま えいじ)

1983年3月20日、埼玉県生まれ。'01年、浦和東高校から大宮アルディージャに加入。'08年、東アジア選手権でA代表デビュー。'10年7月、リールセSKに移籍。185cm、80kg

これが日本の生きる道。~欧州サッカー'10-'11シーズン総集編~

関連記事

BACK 1 2
川島永嗣
リールセSK

海外サッカーの前後の記事

ページトップ