Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

名勝負の陰にライバル在り。~早慶、早明、死闘の裏側~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAsami Hattori

posted2009/05/28 11:00

名勝負の陰にライバル在り。~早慶、早明、死闘の裏側~<Number Web> photograph by Asami Hattori
早稲田の永遠のライバルと言えば慶応。すでに1世紀以上もの長きにわたる両校の、野球部やボート部の熱き戦いは歴史の一部である。
同様に80年を超えるラグビーの好敵手、明治。あるいは近年、めきめきと頭角を現し、脅威となっている帝京大ラグビー部。
彼らは強敵をどのように迎え撃ち、何を感じたのか。

 早稲田大学の各競技部は、創意工夫をもって試合に臨み、スポーツの歴史に名を刻んできた。その歴史の中で、数々の名勝負を繰り広げている。創意工夫も、名勝負も、好敵手となる存在あればこそである。

 1903年の対戦を皮切りに、途中、あまりの過熱による中断などを挟みながら、実に384試合('08年まで)にわたり対戦してきたのが、慶応義塾大学野球部である。

 ヤクルトスワローズで活躍、引退後スポーツライターとして活躍する青島健太は'77年入学。「大学に行くなら早慶戦に出てみたい」と両校のセレクションに参加し、進路を慶応に定めた。

「早稲田は、高校野球界のそうそうたる顔ぶれが参加していて、そのままドラフトにかかりそうな選手もいました。慶応のほうは、自分のほうが上手いと思えるような選手もいて、早慶戦出場への道は近いかなと(笑)」

 実際、早稲田の各学年には、のちにプロ野球で活躍する選手がいた。主な名前をあげれば、青島の3学年上に山倉和博、2つ上に金森栄治、1つ上に岡田彰布である。

 入学すると、早稲田戦の重みを実感させられることになった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4268文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

早稲田力。覇者の方程式

Sports Graphic Number 729

早稲田力。
覇者の方程式

 

岩出雅之
田中澄憲
清宮克幸
中竹竜二

ラグビーの前後の記事

ページトップ