Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

野村ノートの正体。~広澤克実、遠山奨志ら愛弟子の告白~ 

text by

阿部珠樹

阿部珠樹Tamaki Abe

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2009/09/08 11:30

野村ノートの正体。~広澤克実、遠山奨志ら愛弟子の告白~<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

阪神監督時代に、野村自らが作成した総ページ数170弱のマル秘ノート

その時々で形を変え、内容も変化しながら数多くの選手を育ててきた球界ノートの代表「野村ノート」。
いまだ秘められたその全貌を解き明かすべくヤクルト、阪神、楽天時代の教え子たちに話を聞いた。

 球界でノートといえばまず「野村ノート」。だが「野村ノート」は豪華革製の大判ノートでもなければ色とりどりのボールペンや特殊な記号を駆使する神秘的な記述法でもない。「野村ノート」は楽天イーグルス野村克也監督の著書である。

「野村ノート」にはベースがある。まず野村監督が現役の頃からつけていた「野村メモ」。これは捕手として受けたその日の投球の内容を詳細に記録したものだ。まだデータ分析などあまり本気でおこなわれていなかった'60年代前後からの貴重な記録である。もうひとつは「ノムラの考え」。こちらはタイガースの監督時代、選手に配布された戦術論、戦略論、データや心理の分析、さらには社会人としての生き方などを網羅した指南書。この中には評論家時代に読んだ著書、ホークス、スワローズの監督として戦った指導者としての体験もたっぷり盛り込まれている。

 だから「野村ノート」は本のタイトルというより野球人・野村克也が語ることのすべて、「ひとり野球事典」と捉えたほうがいい。

 新人選手が「キャンプの前に野村ノートを読みました」と胸を張る光景はすでになじみのものだ。しかし本がベストセラーになった2005年よりはるか以前から、「野村ノート」すなわち野村監督の語る野球論は選手たちに大きな影響を与えていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4392文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

勝利を掴む13の方法論あの人のノートが見たい。
遠山奬志
広澤克実
野村克也
東北楽天ゴールデンイーグルス

プロ野球の前後の記事

ページトップ