SCORE CARDBACK NUMBER

ひとつの時代にピリオド。早明に相次いだ異変。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byShinsuke Ida

posted2008/12/04 00:00

ひとつの時代にピリオド。早明に相次いだ異変。<Number Web> photograph by Shinsuke Ida

 「そうか……」

 11月16日の名古屋・瑞穂。日本×アメリカ戦のハーフタイムには、プレス室のあちこちでため息が聞こえた。

 少なくない取材者は、目の前の代表の戦いを注視しながら、秩父宮で1時間早く始まった紫紺の軍団の戦いを案じていた。すでに3敗を喫していた明大は、この日に無敗の帝京大を破らなければ、大学選手権への連続出場が途切れてしまう。

 しかし、届いた結果は冷酷だった。スコアは12対39。重戦車と謳われ、幾多の英雄を送り出してきた明大が、大学選手権に出場すらできずにシーズンを終えるのは実に24年ぶり。平尾誠二率いる同志社大が史上唯一の大学3連覇を達成した'84年度以来の出来事だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 621文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

サッカー日本代表W杯最終予選 アジア戦記。
中竹竜二
山下昂大
坂井克行
明治大学
早稲田大学

ラグビーの前後の記事

ページトップ