SCORE CARDBACK NUMBER

単調なレースに隠れたスリリングな接戦。 

text by

大串信

大串信Makoto Ogushi

PROFILE

photograph byMinoru Kobayashi/hPa

posted2004/05/20 00:00

単調なレースに隠れたスリリングな接戦。<Number Web> photograph by Minoru Kobayashi/hPa

 全日本選手権フォーミュラ・ニッポンは、3月最終週に鈴鹿サーキットで開幕し、5月第1週にスポーツランドSUGOで第2戦を終えた。開幕戦の優勝は小暮卓史、2位はアンドレ・ロッテラー。第2戦の優勝はリチャード・ライアン、2位は井出有治であった。

 表彰台に上がった顔ぶれがまったく異なっていることにご注目いただきたい。今年は、昨年のチャンピオンである本山哲が移籍し、移籍後の体制作りに時間がかかってシーズン序盤は苦戦するものと予想はされていた。確かにどちらのレースでも表彰台に本山の名は見えない。だが本山が苦戦した結果、他の選手が入れ替わりに浮上したわけではない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 620文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ダービー 夢の行方。 All for the Derby

モータースポーツの前後の記事

ページトップ