SCORE CARDBACK NUMBER

韓国の格闘技界に見え隠れする危うい魅力。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2004/07/29 00:00

韓国の格闘技界に見え隠れする危うい魅力。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

 2004年夏、韓国の格闘技界は高度成長の真っ只中にいる。6月26、27日には“韓国版PRIDE”グラジエーターFCが旗揚げ。観客数こそ低調だったものの、好勝負が続出して韓国の総合ファンを喜ばせた。韓国初の大規模な国際大会に最初は嫉妬心を抱いていた地元の総合格闘家や関係者も、国際戦で奮闘する同胞の闘いを目の当たりにすると、俄然やる気になったと聞く。もともと韓国は格闘技が盛んなお国柄。とはいえ、すんなりと総合が受け入れられたわけではない。「打撃ではテコンドー、組み技ではシムル(韓国相撲)など、それぞれ立派な競技がある。なのに、なぜそれらを混ぜ合わせなければならないのか」という意見が総合進出の動きに歯止めをかけてしまった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 626文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ATHENS2004 preview1サッカー五輪代表 終わらない夏。

格闘技の前後の記事

ページトップ