SCORE CARDBACK NUMBER

本番を前に浜口京子が手にした喜び。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2004/07/15 00:00

 アテネ五輪に出場する日本選手団の主将に柔道男子100kg級の井上康生(綜合警備保障)、旗手にレスリング女子72kg級の浜口京子(ジャパンビバレッジ)がそれぞれ決まった。日本オリンピック委員会(JOC)では、まず20人の候補をリストアップ。その中から特に金メダルの可能性が高い選手に絞り込み、最終的に2人を選出した。井上はシドニー五輪で旗手も務めており、1人で旗手と主将の両方を経験するのは、夏季五輪では'60年ローマ五輪で旗手、'64年東京五輪で主将を務めた体操の小野喬以来、2人目となる。また、浜口は'96年アトランタ五輪の田村(現姓・谷)亮子以来、2大会ぶり4人目の女性旗手となった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 635文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表総力特集 覚悟。 WE'RE ALL SET
アテネ五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後の記事

ページトップ