SCORE CARDBACK NUMBER

3連勝でトップを捉えたロッシの底知れぬ才能。 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

posted2004/07/15 00:00

  ホンダからヤマハに移籍したV・ロッシが、シーズン序盤を終えて、6戦4勝と素晴らしい成績を残している。彼が得意とする第7戦リオGPでも勝つようなら、ロッシの最高峰クラス4連覇は、一気に現実のものになりそうだ。

 それにしても、ロッシの底知れぬ才能には、驚かされるばかりだ。ただ速いだけではなく、勝つための体制作り、レースの戦略などにおいて、これまでホンダの後塵を拝してきたヤマハで、“どうすれば勝てるのか”ということを、まざまざと見せつけてくれた。

 体制作りでは、ホンダで3連覇を達成した時のチーフメカニックら4人を引き連れての移籍が話題になった。一歩間違えば、ただの我がままと言われかねないチーム丸ごとの移籍要求も、レースはひとりで戦っているわけではないということの証明となった。そしてロッシが乗ることで、ヤマハYZR-M1の開発も進んだ。彼は正しい方向に開発を導き、常に全力で走ることで、何が足りないのかをアピールしてきたのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 505文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表総力特集 覚悟。 WE'RE ALL SET

MotoGPの前後の記事

ページトップ