SCORE CARDBACK NUMBER

ドーハに刻まれた、新たなる伝説のトライ。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

posted2007/01/11 00:00

 香港で来年のW杯出場権を勝ち取った“カーワン・ジャパン”圧勝劇(日本54対0韓国、テストマッチ34年ぶりの完封勝利!)から2週間。今度は中東カタールから歓喜の映像が届いた。

 7人制のみが実施されたアジア競技大会(AG)ラグビーの決勝。13年前はサッカー日本代表が悲嘆にくれた同じドーハの同じ後半ロスタイムに、あの日とは逆の嬉しい逆転劇を仕上げてみせたのは出発前「金メダル取ってきます」と笑顔で話した慶大WTB山田章仁だ。12月12日、昼のニュースでは、上体をグイと傾けて相手タックルを擦り抜け、最後はほふく前進しながらも右腕を伸ばし、コーナーぎりぎりにボールを叩きつける姿が繰り返し映し出された。慶明戦の90m独走、早慶戦のPKから速攻3人抜き……今季の国内シーンを代表するトライを重ねてきた山田らしい一撃。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 575文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[総力特集 2006年の真実]甦る死闘。

ラグビーの前後の記事

ページトップ