SCORE CARDBACK NUMBER

ウェバーが示した、不完全ゆえの魅力。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2008/04/17 00:00

 シーズン終了を待たずに、クリス・ウェバーが引退した。痛めた膝の回復がおもわしくなく、これ以上は無理だと判断したのだという。

 NCAAトーナメントの最中に引退を発表したのは単なる偶然かもしれないが、それにしても皮肉なタイミングだった。というのも1993年4月5日、NCAAトーナメント決勝戦、当時ミシガン大の選手だったウェバーは、すでに使い切っていたタイムアウトをコールするという痛恨のミスを犯し、敗戦を決定づけてしまったのだ。

 15年の年月がたってもウェバーにこのエピソードがついてまわるのは、それが彼のキャリアを象徴しているからかもしれない。全米が注目する一戦で、優勝を目の前にしてのポカミス。その後NBAに入ってからも、溢れる才能に大きな期待がかけられる一方で、その分、物足りなさがついてまわった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 527文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[PACIFIC LEAGUE SENSATION]熱パを揺らせ!
クリス・ウェバー

バスケットボールの前後の記事

ページトップ