SCORE CARDBACK NUMBER

「地獄を見た男」福盛和男は
野村監督の恩義に応えられるか。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2009/09/11 06:00

「地獄を見た男」福盛和男は野村監督の恩義に応えられるか。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

6月に復帰して以来、防御率1点台(8月23日現在)という安定した投球を披露している

 監督から何よりも重宝されるのが、最終回を任せられるクローザーの存在だ。絶対的な抑えがいることで、継投を逆算することが出来る。中日、巨人をはじめリリーフ陣が充実しているチームが上位を占めているように、ペナントレースを勝ち抜くためには、必要不可欠な戦力なのだ。

 これまでブルペンスタッフが脆弱だった楽天にも、ようやく不動の抑えが生まれつつある。今年の6月、楽天に復帰し、5勝5セーブ(8月23日現在)を挙げている福盛和男である。

 しかし、福盛が楽天に復帰するまでの道のりは決して平坦ではなかった。

 野村克也監督就任2年目の'07年オフ、怪我でシーズンを棒に振った福盛に対し、監督と球団は強く慰留したが、FA権を行使しレンジャーズに移籍。その際、監督からの「泣いて帰ってくるな」という嫌味を受けて「石井一さんや高津さんの時も同じようなことを言っていましたから」と、マスコミを介して舌戦を展開する強心臓ぶりを見せつけた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 494文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

勝利を掴む13の方法論あの人のノートが見たい。

関連記事

福盛和男
佐藤義則
野村克也
東北楽天ゴールデンイーグルス

プロ野球の前後の記事

ページトップ