SCORE CARDBACK NUMBER

外国馬参入を認めない、競馬界の鎖国体質。 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

posted2007/03/08 00:00

 現在の日本の競馬界は、よくも悪くも社台グループによる寡占状態である。重要なレースほど、出走表に社台関連馬が多くを占める傾向が定着し、むしろ少ないほうが異常事態と思えてしまう。それは相撲界における、全盛時の二子山部屋をしのぐほどの勢いなのだ。

 先代の故・吉田善哉さんが、種牡馬ノーザンテーストをカナダから持ってきて大成功を収めたことでしっかりとした礎が築かれ、二代目の吉田照哉さんがサンデーサイレンスに冒険とも言える大きな資本を投下した大博打が的中し、これが文字通りの「打ち出の小槌」になったのは皆さんもご承知の通りだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 648文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

競馬の前後のコラム

ページトップ