SCORE CARDBACK NUMBER

衝撃デビューを飾った、'07年期待の新星。 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

posted2007/02/08 00:00

 「2年間、なによりもあの馬を最優先した騎手生活を続けてきましたが、身軽になった今年は、ボク自身の成績にこだわってみるつもりです」

 あの馬とは、もちろんディープインパクトのこと。史上最強と認めるスーパーホースが競走生活を全うしたことを受けて、'07年の抱負をこう明らかにしたのは武豊騎手だ。

 彼の事実上の年明けは、1月20日の京都競馬。昨年暮れの香港での国際騎手招待レースで不本意ながら騎乗停止処分を受けてしまい、国際ルール上、年明けの17日まで競馬に乗ることを許されなかったのだ。

 その初日に、武豊騎手はとんでもない馬と出会ってしまう。良馬場の芝1800mの新馬戦。ただ一頭、次元が違う伸び脚で8馬身のぶっちぎり勝ちを演じたオーシャンエイプス(牡3歳、栗東・石坂正厩舎、父マヤノトップガン)がそれだ。勝ち時計の1分49秒8は平凡だが、上がり3ハロンの34秒3が強烈。2着馬のそれが35秒7だったのだから、“海猿”という名前を持つこの馬がどれほど弾けたかが想像できるだろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 452文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本サッカー 2007年の設計図。Tha Beginning of New Era

競馬の前後の記事

ページトップ