SCORE CARDBACK NUMBER

アジアカップの裏で稲本が感じる手ごたえ。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byTomomi Miura

posted2007/07/26 00:00

アジアカップの裏で稲本が感じる手ごたえ。<Number Web> photograph by Tomomi Miura

 日本代表がアジアカップの初戦を戦っている頃、アイントラハト・フランクフルトに移籍した稲本潤一はオーストリア合宿で汗を流していた。合流してまだ1週間も経っていないというのに、流暢な英語でコミュニケーションを取って、すでにFWアマナティディスやDFクリスとちょっかいを出し合う仲になっている。

 「新入生的な立場は慣れているんでね。自分のやり方があるし、問題ないです」

 よく日焼けした精悍な顔つきで稲本は笑った。

 フンケル監督からの信頼も厚く、「戦術眼と規律を持った経験のある選手。前に攻めあがる力を持っている」と評価されている。フンケルはデビュー戦となるオーストリア3部ベッテンスとの練習試合の前日に稲本を呼び出して「どのポジションでプレーしたいか」と尋ねた。稲本は「ダイヤモンド型の中盤の底か、フラットな守備的MFのうちのひとり」と答えたという。合宿の練習でもほぼ毎回主力組に入っており、レギュラー取りは問題なさそうだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 468文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

世界蹴球最前線。 The Football Planet

Sports Graphic Number 683

世界蹴球最前線。
The Football Planet

 

稲本潤一

海外サッカーの前後の記事

ページトップ