SCORE CARDBACK NUMBER

川本登場で熱を帯びるヤクルトの正捕手争い。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2007/07/26 00:00

 後半戦出足好調で、セ・リーグプレーオフ争いの台風の目となりそうなヤクルト。大きな要因は、若い捕手の台頭にある。

 まずは6年目の福川将和。リーグ戦再開後、6試合で5本塁打を放ち、彼が打てば負けないというジンクスを生み出した。その福川が自打球を左足すねに当てて欠場した時、古田敦也監督が次の女房役に指名したのは、11年目の小野公誠でも、8年目の米野智人でもなく、3年目の川本良平だった。ずっと二軍暮らしの選手だったが、7月7日の巨人戦で初先発すると、初安打が3ランという離れ技をやってのける。リード面でも完封リレーに貢献し、一躍ヒーローとなったのである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 594文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

世界蹴球最前線。 The Football Planet

Sports Graphic Number 683

世界蹴球最前線。
The Football Planet

 

川本良平
東京ヤクルトスワローズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ