SCORE CARDBACK NUMBER

4年前の雪辱を誓う
充実の日本スキー界。
~メダル射程圏内は誰だ?~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byShino Seki

posted2010/01/08 06:00

4年前の雪辱を誓う充実の日本スキー界。~メダル射程圏内は誰だ?~<Number Web> photograph by Shino Seki

五輪仕様のウェアを披露した上村愛子(左)と伊藤みき。実力を出し切ればメダルは確実だ

 年が明け、バンクーバー五輪も間近に迫った。日本代表が決まったスケート競技に続き、スキー競技も来週には大方決まる。

 そのスキー競技は、昨年11月から12月にかけて各種目、シーズンが開幕。年末に大会はいったんひと区切りとなったが、シーズンに向けての調整の成否、世界の中での位置がひとまず見えた格好だ。

 まず順調なスタートと言えるのはモーグルだ。年内にワールドカップが2試合行なわれ、上村愛子が開幕戦で2位と好発進。第2戦こそ予選落ちしたが、上村本人は悪材料と捉えてはいない。

「ワールドカップ前の欧州の大会も含め1週間で4試合目。疲労から集中が切れた面もあったのが原因ですね」

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

伊藤みき
里谷多英
伊東大貴
上村愛子
バンクーバー五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ