SCORE CARDBACK NUMBER

突き当たった壁に、福原愛の今後が懸かる。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2006/02/09 00:00

 トリノ五輪がいよいよ目前に迫ってきた。冬季競技の選手たちにとっては4年間の努力を実らせる勝負の時だが、2年後の北京五輪を目指す夏季競技の選手たちにとっても、今は大事な鍛錬の時期にあたる。北京でメダルの期待がかかる卓球の福原愛もそのひとりだが、このところの試合結果を見るとあまりいい結果が出ておらず、壁に突き当たっているような印象を受ける。

 先月の全日本選手権も散々だった。まず連覇を狙った混合ダブルス決勝でストレート負けし、4連覇がかかったダブルスも準決勝で敗退。それならばとシングルスで悲願の初優勝を目指したが、準々決勝でアテネ五輪代表の藤沼亜衣にフルセットの末、3―4で敗れ去った。3冠どころかまさかの無冠に、福原は「何やってるんだか」とうなだれたが、怒りをあらわにしたのは青森山田の吉田安夫総監督だ。厳しい表情で「ベスト8は妥当な結果でしょう。基本的な筋力や体力を強化しないと、これ以上は行けない」と苦言を呈した。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

福原愛
北京五輪
オリンピック・パラリンピック

卓球の前後のコラム

ページトップ