SCORE CARDBACK NUMBER

日本の金メダル数をずばり大胆予想! 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

photograph byMiki Sano

posted2008/07/24 00:00

日本の金メダル数をずばり大胆予想!<Number Web> photograph by Miki Sano

 北京五輪の開幕が近づいてきた。現時点では正確なものは難しいが、せっかくなので金メダル数を予想してみたい。過去の実績と現時点での仕上がり、そして他国のライバルたちの動向などを加味した上で弾き出される数字は、ずばり「金メダル10個」だ。

 金メダルの確率がもっとも高いのはレスリング女子55kg級の吉田沙保里と競泳男子平泳ぎの北島康介だろう。吉田は1月のW杯でまさかの黒星を喫したが、その屈辱を糧に更なるレベルアップに努め、万全の状態に仕上がっている。それこそケガがない限り金メダルは間違いない。北島も一時の不調から復調。ライバルのブレンダン・ハンセン(米国)が五輪切符を逃した200mはもちろん、100mも負ける要素は見当たらない。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

吉田沙保里
北島康介
谷亮子
伊調馨
伊調千春
北京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ