SCORE CARDBACK NUMBER

「リトル」とは呼ばせない。
田中賢介の存在感。
~日本ハムのリードオフマン~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2009/12/09 06:00

「リトル」とは呼ばせない。田中賢介の存在感。~日本ハムのリードオフマン~<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

日本シリーズでクルーンから奪ったバントヒット。'06、'07年は最多犠打を記録したことも

 日本シリーズ中に、パ・リーグに詳しくない観客が口をそろえて言っていた。「こんな素晴らしい選手が日本ハムにいたのか」。日ハムのリードオフマンであり、不動のセカンドとして活躍する田中賢介のことである。

 '07年まで二千本安打を達成した田中幸雄がいたため「リトル」と呼ばれることが多かったが、今では誰もそんな失礼な呼び方をしない。ひとたび打席に入れば、スタンドから「ケンスケ」の呼び声がかかる、チーム有数の人気選手に成長した。

 シリーズで3割6分の高打率を残した田中は、今季パ・リーグ史上最多の680打席に立ち2割8分3厘、史上11人目の併殺打ゼロを記録。さらにリーグ最多の79個の四球、盗塁も31個マークするなど、その活躍ぶりはMVP級と言っていい。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 602文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

W杯出場32カ国決定未知なる大陸を征服せよ!

関連記事

田中賢介
北海道日本ハムファイターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ