SCORE CARDBACK NUMBER

若きCEOが明かしたウィリアムズ再生計画。 

text by

田邊雅之

田邊雅之Masayuki Tanabe

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2007/03/22 00:00

若きCEOが明かしたウィリアムズ再生計画。<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

 ウィリアムズの失速は、昨季のF1界に衝撃を与えた。フェラーリやマクラーレン、ルノーと共に「ビッグ4」の一角をなす名門でありながら、コスワースのエンジンを使用するプライベーター参戦となり、コンストラクターズの成績も7位と低迷。チームのワークス化という時代の波に乗り遅れてしまったのではないかと、危惧する声も多かった。

 しかし同チームの新CEOであるアダム・パー氏は、この種の見方を否定する。

 「成績が悪かったのは、チームが根本的な問題を抱えていたからではありません。単にマシンの開発時間が足りず、信頼性を確保できなかったためです。我々には優秀なスタッフも、勝つためのノウハウも、そして情熱も揃っている。にもかかわらず小さなミスを重ねてしまい、こういう『資源』をうまく活用できなかった」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 592文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[永遠の革命者たち]宣戦。

Sports Graphic Number 674

[永遠の革命者たち]
宣戦。

 

ウイリアムズ

F1の前後の記事

ページトップ