SCORE CARDBACK NUMBER

世代交代の日も近し!?
武豊が認める三浦皇成。 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

posted2008/11/20 00:00

 今年3月にデビューした三浦皇成騎手が、10月25日の福島競馬第1レースで70勝目をあげた。どうってことのない数字のようだが、実は大変な記録。あの武豊騎手が21年前の'87年にデビューしたときに残したのが69勝で、あとにも先にもそれほどの勝ち鞍をあげられるルーキーは存在しなかったからだ。不滅とまで言われた記録を、2カ月も余した時点で抜き去ったのだから、これはすごいことなのである。

 記録達成の前々週、武豊騎手と三浦騎手は東京競馬場で直接対決し、このときは双方が騎乗した9つのレースで、武豊騎手がすべて先着して面目を保った。しかし、このこと自体が当代の第一人者を本気にさせたルーキー、という意味で特筆されるべき。武騎手が三浦騎手の立場だったころ、南井克巳騎手(現調教師)が、「まだまだユタカには負けられない」と、頭から湯気が出るような闘志を燃やして乗っていたことを思い出して懐かしく感じた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

三浦皇成
南井克巳
武豊

競馬の前後のコラム

ページトップ