SCORE CARDBACK NUMBER

牝馬の時代を印象づけた
凱旋門賞の圧勝劇。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYoko Kunihiro

posted2008/10/23 00:00

牝馬の時代を印象づけた凱旋門賞の圧勝劇。<Number Web> photograph by Yoko Kunihiro

 フランス、イギリス、アイルランド、ドイツ、イタリア、そして日本。6カ国の最強馬が集結した世界最高峰の国際レース、第87回凱旋門賞(G1、芝2400m)が、10月5日、フランスのロンシャン競馬場で行われた。

 「日本代表」として乗り込んだのは、フランスでもG1を勝っている名手・武豊を背にしたメイショウサムソン。父オペラハウスは凱旋門賞3着、母の父ダンシングブレーヴは同優勝という「凱旋門賞血統」だ。さらに「突然すごい走りをしたりと『意外性』がある。ディープインパクトでも勝てなかったレースを勝つのは、こういう馬かも」と武豊も手応えを感じていた。8月20日にフランス入りしてから順調に調整され、好走が期待されたのだが──。サムソンは、スタート直後に2度ほど他馬に挟まれ、その都度後方に押しやられる不利が響き、勝ち馬から6馬身ほど離された10着に終わった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ザルカヴァ
武豊

競馬の前後のコラム

ページトップ