SCORE CARDBACK NUMBER

今年のクラシック戦線、武豊が騎乗する馬は。 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byMasumi Seki

posted2006/03/23 00:00

今年のクラシック戦線、武豊が騎乗する馬は。<Number Web> photograph by Masumi Seki

 小粒だとの評価が固まりつつある今年のクラシック戦線だが、キャラクターはむしろ豊富に揃っている。近年、皐月賞、ダービーに最も影響があると言われるようになった弥生賞が終わったというのに、未だに武豊騎手の騎乗馬がはっきりしていないというところに、混迷の度合いが表れている。

 注目の弥生賞(3月5日、中山、芝2000m、GII)は、ラジオたんぱ杯2歳Sで一騎打ちを演じた、サクラメガワンダー(栗東・友道康夫厩舎、牡3歳、父グラスワンダー)と、アドマイヤムーン(栗東・松田博資厩舎、牡3歳、父エンドスウィープ)の二強対決ムードだったが、制したのは武豊騎乗のアドマイヤムーン。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 613文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[日本代表 最後の戦い]奪取。

Sports Graphic Number 649

[日本代表 最後の戦い]
奪取。

 

武豊

競馬の前後の記事

ページトップ