SCORE CARDBACK NUMBER

ドバイワールドカップで日本勢は何を得たのか。 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byKiichi Yamamoto

posted2006/04/20 00:00

ドバイワールドカップで日本勢は何を得たのか。<Number Web> photograph by Kiichi Yamamoto

 世界最高賞金をかけて行なわれるドバイワールドカップ・ミーティングは、政情の不安定さにもめげず、創設から1度も休むことなく今年で11回の年輪を刻んだ。開催地のアラブ首長国連邦ドバイでは、宗教上の理由で相変わらず馬券の発売は行なわれていないが、それでも馬の質は年々向上する一方。今年は3月25日のたった1日だけでGIIを2鞍とGIを4鞍行ない、賞金総額は2100万米ドル(邦貨25億2000万円)という、目もくらむ豪華な開催を成し遂げた。アラブの王族たちは自分たちの馬の強さを世界に証明するために、オイルダラーの力をここぞとばかりに発揮しているわけだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 621文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

競馬の前後のコラム

ページトップ