SCORE CARDBACK NUMBER

日本を制した浅田真央、満を持して世界に挑む。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2007/01/25 00:00

日本を制した浅田真央、満を持して世界に挑む。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

 北京五輪の前年となる今年は、8月に大阪で陸上の世界選手権が開催されるのを始め、各競技で世界選手権が予定されている。日本選手が世界を相手にどんな活躍をするのか楽しみだが、その前にもう一つ忘れてはならないビッグイベントがある。3月に東京で開催される、フィギュアスケートの世界選手権だ。世界最高峰のこの大会に、日本の女子は浅田真央、安藤美姫、中野友加里の3人が出場して、史上初の表彰台独占を狙う。

 昨年末の全日本選手権では、浅田がSPで71.14点をマークして首位に立つと、翌日のフリーでも今季初めてトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させ、合計211.76点で優勝した。国内大会のため国際スケート連盟の公式記録とはならないが、NHK杯で自身が出した199.52点を上回る堂々の世界最高記録。演技終了直後には、銀盤の上でうれし涙を流した。「悔しい時に家で泣いたことはあるけど、人前で泣いたことはない」という浅田が初めて見せた涙には、大きな意味が感じられた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

浅田真央
バンクーバー五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ