SCORE CARDBACK NUMBER

12球団随一の名コーチは
横浜を再建できるか。
~試される尾花新監督の手腕~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2009/11/19 06:00

12球団随一の名コーチは横浜を再建できるか。~試される尾花新監督の手腕~<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

'05年に4.80だった巨人投手陣の防御率は尾花の手腕により'09年には2.94に改善された

 12球団の中でチーム作りの明確な指針が最も見えてこない、といわれる横浜ベイスターズ。その横浜の次期監督に内定したのが、横浜市に住んではいるものの、これまで縁が薄かった現巨人投手総合コーチの尾花高夫である。白羽の矢が尾花に立ったのは、一にも二にも投手陣を再建できる人物、という理由からだろう。巨人が日本シリーズ進出を果したため正式発表は先延ばしにされたが、シリーズ前には組閣を終え、11月に入ってようやく投手コーチとして野村弘樹、岡本克道のふたりも決まった。

 これまで尾花は多くの名指導者の下でコーチを務めてきた。ヤクルト時代には野村克也、ロッテ時代は広岡達朗GM、ダイエー時代は王貞治、巨人時代には原辰徳。彼らの人間性や野球理論を学び、今や、12球団随一の投手コーチと言われるほどである。今季は巨人のチーム防御率を2点台にすると公言し、その言葉通り、2.94にまで向上させた。下位低迷の一番の原因である弱体化した横浜投手陣を立て直すには、尾花はうってつけの人材であることは間違いない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 485文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ベースボールファイナル2009

Sports Graphic Number 741

ベースボールファイナル2009

 

関連記事

尾花高夫
横浜ベイスターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ