SCORE CARDBACK NUMBER

トランポリン男子個人、上山容弘が世界3位に。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2007/11/29 00:00

トランポリン男子個人、上山容弘が世界3位に。<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

 カナダのケベックシティで行われていたトランポリン世界選手権の男子個人で、日本の上山容弘(大体大大学院)が見事に銅メダルを獲得した。上山の難度点は決勝に進出した8人の中では一番低かったが、持ち前の安定感でカバー。確実に10回の演技をこなし、演技点では2番目の高得点をマークするなど40.50点で3位に食い込んだ。日本トランポリン協会では事前に「世界選手権でメダルを獲得した者を北京五輪代表に内定する」と決めており、上山はメダルと同時に念願の北京切符も手にした。

 最近ではダイエットエクササイズとしても人気のトランポリンは、'00年のシドニー五輪から正式採用された。日本での歴史は意外に古く、'72年4月に日本協会が設立され、同年の第7回世界選手権(西ドイツ)に早くも初参加を果たしている。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

上山容弘
北京五輪
オリンピック・パラリンピック

体操の前後のコラム

ページトップ