SCORE CARDBACK NUMBER

戸惑い続けるマーブリーが進むべき道はどこか。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2005/12/08 00:00

 試合後、ステフォン・マーブリーはいつもより着替えに時間をかけていた。まるで家に帰ったら怒られるとわかっている子供が寄り道をするように、ゆっくりとネクタイを締め、宝石がちりばめられた時計を手首にはめ、最後には何もやることがなくなり、しかたなく待ち構えていた記者たちの前に立った。

 この日のロサンゼルス・レイカーズ戦でマーブリーは10アシストをあげたが、得点はわずか4。試合中もあまり存在感がなく、そしてニューヨーク・ニックスはシーズン8試合目にして6敗を喫した。何よりもマーブリー自身が自分のプレーに悩み、フラストレーションを感じていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 633文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

World Cup Germany 2006 Countdown 1 ドイツW杯出場32ヵ国決定。 選ばれし者たち The 32 Survivors for Germany

バスケットボールの前後の記事

ページトップ