野球善哉BACK NUMBER

阪神タイガースが、走る走る走る!!
走塁に目覚めた今年の強さは本物だ。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/04/14 12:15

阪神タイガースが、走る走る走る!!走塁に目覚めた今年の強さは本物だ。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

昨季は、打率.301、19本塁打、104打点と自己最高の成績を残した鳥谷敬。8年目を迎えた今季も選手会長としてチームを引っ張る

真弓監督と山脇コーチが徹底する「脚」を使った野球。

 脚の速さは一朝一夕で変わるものではない。いわば、脚力は才能の一つである。30代の半ばにさしかかった新井の脚が急激に速くなることはあり得ない。

 しかし、意識だけは変えられるのだ。

 積極的に先を狙おうという意識、無駄のない走塁をしようという意識である。

 山脇が胸を張って言う。

「キャンプの時から言ってきたのは、常に一、三塁を作る走塁をしようということ。今日は一、三塁の局面を作ったわけではないけど、開幕して最初の試合で好走塁が出たのはチームに勢いが付く」。また、真弓監督も「脚を使って何とか点を取っていこうという結果の7得点。ヒットじゃなくても点が取れる。そういう野球が出た」と、開幕戦勝利後にコメントを残している。

 速さではなく、意識を徹底させて「脚」を使う野球。長打以外の得点能力を持ち得た阪神は大きな武器を手にしたと言えるのではないか。

「この走塁をこれからも続けていきたい」と最後を締めた山脇。

 昨オフに手術した城島の膝の状態や救援陣の“勤続疲労”、変わることのない年功序列型の先発ローテーションなど、不安要素がないわけではないが、この日の走塁をシーズン通して続けられるというのであれば、確信を持って言える。

 今年の阪神の強さは本物だ、と。

■関連コラム► 新人王候補の澤村、斎藤に負けない! 阪神の左腕・藤原正典、2年目の覚悟。
► 今季の阪神を牽引するのは若虎軍団!? 世代交代を予感させる若手の大躍進。

コメントする・見る
BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

鳥谷敬
山脇光治
阪神タイガース

プロ野球の前後のコラム

ページトップ