SCORE CARDBACK NUMBER

預託料軽減で懸念される、
デフレスパイラルの可能性。
~競馬界に押し寄せる不況の影~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byYoko Kunihiro

posted2010/02/03 06:00

預託料軽減で懸念される、デフレスパイラルの可能性。~競馬界に押し寄せる不況の影~<Number Web> photograph by Yoko Kunihiro

賞金の減額、預託料の軽減など経済不況の波が押し寄せる競馬界。JRAは乗り切れるか

 中央競馬の厩舎に馬を預けると、月額で約60万円の経費がかかる。馬の飼料代はせいぜい10万円程度なので、残りはほぼ人件費ということだ。JRAの場合、一人の厩務員が2頭を担当することが制度として決まっているので、その給料が2頭ずつの馬によって支えられている構図がおわかりだろう。もちろんそれだけではなく、調教師の管理料や技術料、調教専門の助手の報酬も、預託料の内訳に含まれている。

 経済不況の影響なのだろう。この預託料を「高い!」という声が数年前から馬主会側から叫ばれている。その主張は、「2頭持ちを3頭持ちにしてくれたらいい。それだけで大幅に減額できるはずだ」というもの。なるほど、単純計算で10万円以上の値下げが期待できるアイディアではある。これに対して、当然のことながら労働組合側は「労働強化だ」として大反対を表明。事態はそれ以上の進展は望めないものと見られてもいた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 536文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

大学ラグビー新時代。伝統校と新興校の未来

関連記事

競馬の前後の記事

ページトップ