SCORE CARDBACK NUMBER

ドバイW杯と有馬記念。
名牝に課せられた大舞台。
~ウオッカの勇退とブエナの勇躍~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byKiichi Yamamoto

posted2009/12/25 06:00

ドバイW杯と有馬記念。名牝に課せられた大舞台。~ウオッカの勇退とブエナの勇躍~<Number Web> photograph by Kiichi Yamamoto

牝馬で初のGI7勝を達成したウオッカ。ドバイワールドカップ終了後は繁殖入りの予定

 ウオッカ(牝5歳、栗東・角居勝彦厩舎)のジャパンカップは、ルメール騎手が「やられていると思う……」とうなだれて帰ってきたほどの、文字通りの辛勝。抜け出すときの脚はすごかったが、そのあとが甘くなってしまうあたりが距離の壁なのかと勝手に解釈していた。

 しかし、その後「鼻出血だった」という発表。

 ウマは鼻でしか呼吸ができない動物で、レース中の鼻出血は即ち呼吸困難を引き起こす。そう考えると、たとえレース中の発症であったとしても、最後の数メートルに影響を与えたかどうかのレベルだったはずだ。それでも陣営が潔く自己申告した(微量のそれであっただけに隠し通すこともできたはずだから)のは、最後の脚が鈍ったのはそういうわけ、とウオッカの名誉のために精一杯胸を張ったのではなかったか。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 599文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

南アフリカW杯 対戦国研究。日本の論点2010

関連記事

ブエナビスタ
ウオッカ

競馬の前後の記事

ページトップ