SCORE CARDBACK NUMBER

広島にあえて言いたい。マンネリズムを脱却しよう。 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

posted2007/12/28 00:00

 今季のJ1開幕時、当欄で「広島の熟成された強さ」について取り上げた。ところが、その広島が京都との入れ替え戦に回り、ついにはJ2へ降格してしまうのだから、勝負事は分からない。

 ペトロビッチ監督の下、最終ラインからパスをつなぎ、攻撃を組み立てていくサッカーは魅力的だった。そこには、自分たちから仕掛けていくという、明確な意志が見えていた。

 しかし、シーズン途中、失点が増えるようになると、俄然トーンは下がった。ただつなぐだけで、相手にとって危険なパスが出せない。むしろ、つなぐ意識が裏目に出て、不用意な横パスを奪われ、カウンターを受けることが増えた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

ミハイロ・ペトロビッチ
佐藤寿人
サンフレッチェ広島

Jリーグの前後のコラム

ページトップ