SCORE CARDBACK NUMBER

ソフトバンクを支える
生活のかかった打撃術。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2005/04/14 00:00

ソフトバンクを支える生活のかかった打撃術。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

 プロ入りして16年、開幕スタメンをスコアボードで確かめて、ソフトバンクの宮地克彦は「よくぞここまで」という感慨を覚えていた。一昨年のオフに西武を解雇され、トライアウトを受けてダイエーに入団。昨年は規定打席にこそ足りなかったが、3割1分というこれまでの最高打率をマーク。年俸も2000万円アップした。

 しかし、オフにその喜びに浸る余裕はなかった。王貞治監督はソフトバンクの外野陣について、キャンプの時から「誰も決まっていない。競争に勝ち抜いた奴を使う」と明言。FAで大村直之を、トライアウトで井出竜也を獲得していた。さらに、プレーオフの走塁ミスでトレード要員に挙げられた柴原洋も個人トレーナーを雇い、汚名返上に燃えていたからだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 598文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[創刊25周年特別編集]W杯最終予選完全詳報 日本代表 彼らの証言。
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後の記事

ページトップ