SCORE CARDBACK NUMBER

田臥が目標としてきたウィリアムス復活への道。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2004/12/02 00:00

 11月9日、フェニックス・サンズの田臥勇太がブルズとの試合のためにシカゴを訪れたとき、彼が一番会いたかった選手はそこにはいなかった。

 といっても、その選手はマイケル・ジョーダンではない。ブルズが2002年ドラフトで2位指名したジェイ・ウィリアムスだ。1999年にフープサミット(世界ジュニア選抜対全米ジュニア選抜)で対戦して以来、田臥が憧れ、目標としてきた選手である。

 去年夏、田臥がNBAへの挑戦を始めたころ、ウィリアムスはシカゴ郊外でバイク事故を起こし、重傷を負った。片足切断の話も出たほどの深刻な怪我で、現在もNBA選手として復活できる保証はない。すでにブルズとの契約はお互いの合意の上に打ち切られ、ウィリアムスは来季のNBA復帰を目標に母校デューク大でリハビリを続けている。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ