SCORE CARDBACK NUMBER

“密偵”マリッチが指摘するクロアチアの弱点。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

posted2006/03/23 00:00

 クロアチア人は、勝つためにはどんな手でも使うつもりだ。クロアチア・サッカー協会は、W杯で対戦する日本代表を丸裸にするために、ひとりの選手に目をつけた。その人物とは、昨年浦和レッズでプレーした元クロアチア代表のトミスラフ・マリッチ。日本の現状を直接感じたマリッチは、“重要参考人”になっている。

 でも、逆に考えれば、マリッチは日本にとっても、格好の情報源といえる。打倒クロアチアの助言をもらうために、現在マリッチが所属するドイツ3部のホッフェンハイムで彼に会った。

 「2週間前にも、協会から電話があった。日本サッカーについて、色々と訊かれたよ。今の代表選手の多くは友だちで、彼らともよく電話で話している」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 563文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[日本代表 最後の戦い]奪取。

Sports Graphic Number 649

[日本代表 最後の戦い]
奪取。

 

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ