SCORE CARDBACK NUMBER

試練を越えて手にした、親子対決という贈り物。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2008/02/14 00:00

 その瞬間、ジョージ・カール(デンバー・ナゲッツ・ヘッドコーチ)は顔色ひとつ変えず、平静を装っていた。息子がNBAのユニフォームを着てコートに出てくるのを間近で見たのだから、心の中では笑顔でガッツポーズをしていたに違いない。しかし対戦チームのヘッドコーチという自分の立場を考えてか、多くの視線を意識したのか、感情を自分の内に押し込め、ポーカーフェイスを作っていた。

 ジョージの息子、コービー・カールは、この日、1月21日の対戦相手、ロサンゼルス・レイカーズのルーキーだ。NBAドラフトではどこからも指名されなかったが、キャンプでの熾烈な競争に勝ち抜き、レイカーズのロスター枠を獲得した。まだ出場機会は少ないのだが、この試合では勝負が決した試合終盤に出番が与えられた。NBAの場での親子対戦が現実となった記念すべき瞬間だ。親子がコーチと選手として対戦するのはNBA史上わずか3組目のことだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 502文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[欧州チャンピオンズリーグ]ビッグクラブ攻略論。
ジョージ・カール
コービー・カール
ロサンゼルス・レイカーズ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ