SCORE CARDBACK NUMBER

邂逅を遂げた男達の、“第2次プロジェクト”。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2008/02/28 00:00

 あまり知られていないが、スティーブ・カーとシャキール・オニールの最初の“プロジェクト”は失敗だった。

 15年前のことだ。オニールはプロ2年目ながらオーランド・マジックの大黒柱。プロ5年目のカーはシーズン途中のトレードでマジックに加入した。インサイドを支配するオニールと外からのシュート力抜群のカー。最高の組み合わせのはずだった。

 「一見いいアイディアのようだったが、実際はうまくいかなかった。あのチームのオフェンスに僕はまったく適合しなかったんだ」とカーは振り返る。結局、ほとんど出番がなかったカーは、シーズン後にFAとなり、マジックを離れた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 625文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[新監督の本音を問う]岡田ジャパンに夢はあるか。
スティーブ・カー
シャキール・オニール
オーランド・マジック
フェニックス・サンズ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ