SCORE CARDBACK NUMBER

アイバーソンの成長とシクサーズの変貌。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2005/03/17 00:00

 近頃、アレン・アイバーソンの言葉に頷かされることが多い。かつて反逆児の代表のように突っ張った言動が目立ったアイバーソンだが、30歳を目前に、プレーにも言葉にも円熟味が感じられる。

 先日のオールスター・ウィークエンド中にもチームの現状について聞かれ、「トレードがあってもなくても今のチームで満足している」と言った。シクサーズの成績は5割を下回っているのだから、本気で満足しているわけはなかった。しかしチームのリーダーであるアイバーソンは、成績低迷が戦力不足によるものだとは言いたがらなかった。そう言ったらチームメイトを信頼していないことになってしまう。今でも突っ張っているし、優勝に対するハングリー精神は誰にも負けないくらい強い。しかし、フランチャイズプレイヤーとして当然の権利のようにチーム首脳陣に補強を要求したり、それが実現しないからといってトレードを求めたりするのは、忠誠心が強いアイバーソンの流儀ではなかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 514文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本の底力。The Down of Win Formula1

Sports Graphic Number 623

日本の底力。
The Down of Win Formula1

 

バスケットボールの前後の記事

ページトップ