SCORE CARDBACK NUMBER

引退を決意したマローンの独り言。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2005/03/03 00:00

 カール・マローンには、フリースローの前に必ずぶつぶつと独り言をつぶやくという癖があった。「神に勝利を祈っている」と言う人もいたし、「実際はただ口を動かしているだけ」と主張する人もいた。しかし、これまで誰も真実を知らなかった。マローンは、そのことを聞かれるたびに「引退したら話す」と言っていた。

 その答えが2月13日に明らかになった。マローンが19年間のNBAキャリアに終止符を打つことを発表したのだ。

 最後まで優勝を追い求めていたマローンは、最終シーズンとなった昨季には、ついに古巣ユタ・ジャズを捨ててロサンゼルス・レイカーズに加わった。ところが、レイカーズは前評判通りにファイナルまで進んだものの、ピストンズ相手に、目の前で優勝を逃した。今季も優勝できるチームとの契約を考えていたのだが、2月、交渉のためにサンアントニオを訪れてみたことで、気持ちがはっきりした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 555文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

小さいことはいいことだ! スポーツ小兵列伝。

関連記事

カール・マローン
ユタ・ジャズ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ