SCORE CARDBACK NUMBER

情熱の男が牽引したアルゼンチンの快進撃。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byShinji Akagi

posted2007/11/15 00:00

情熱の男が牽引したアルゼンチンの快進撃。<Number Web> photograph by Shinji Akagi

 独断で選ぶと、大会MVPはアグスティン・ピチョットである。

 南アフリカの優勝で幕を閉じたW杯。残暑厳しい9月上旬に開幕し、決勝では吐く息が白くけむった。季節をまたいで挙行された楕円球の祭典。トライ王に輝いた南アの最速男ハバナ、不振のイングランドを蘇生させたウィルキンソン、長髪髭面と激しいプレーで観客を沸かせたフランスのシャバル……大会の顔はたくさん思い浮かぶ。だが'07年W杯の象徴は、開幕戦で地元フランスを破り、IRB創設8カ国以外から史上初めてW杯4強に進んだアルゼンチンであり、MVPはその進撃を率いた背番号9だ、というのが、現地で大会を見届けた記者の結論である。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

ラグビーの前後のコラム

ページトップ